本文へスキップ

第62回公益社団法人日本医療社会福祉協会全国大会
第34回日本医療社会事業学会

*開 催 要 項*

大会テーマ 「もう一度見つめよう私たちの存在」 
       ~いのち(生命・生活・人生)に寄り添うソーシャルワーカー~


大会趣意
 近年、医療ソーシャルワーカーの活動の場は広がりを見せ、チーム医療の一員としてのみならず、在宅医療連携拠点事業や災害支援活動においてもその存在が認められ、価値が高まっております。
その一方、退院調整や在院日数の短縮を中心とした目の前の問題への関わりが強くなってきており、ソーシャルワーカーのアイデンティティーである『患者を生活者として捉え、その人の生活がより良いものであるための継続的な援助を展開する』という、本来の援助を忘れかけてはいないでしょうか。
 そこで、今大会のテーマを「もう一度見つめよう私たちの存在」~いのち(生命・生活・人生)に寄り添うソーシャルワーカー~といたしました。私たちソーシャルワーカーは、人が生を受け亡くなるまでの主要な場面で関わりをもつ職種であると言えます。人びとが疾病や障害、災害などによって人生の岐路に立たされた場合でも、普段通りの生活が継続できるよう利用者の権利を守りながら援助を行っていかなければなりません。人びとが抱える様々な問題を、生活者全体の問題として捉えていかなければならないソーシャルワーカーのあり方を今一度一人ひとり考え、ソーシャルワーカーの真の役割と存在を社会に発信していくことができるような大会にしたいと思います。
平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、茨城県内においても甚大なる被害が発生いたしました。特に日立市を中心とした県北地域では、津波や液状化現象などの影響により自宅や会社が倒壊して社会生活が継続できなくなったり、原発事故の影響で漁に出られなかったりなど、主要な産業が崩壊し生活が一変してしまった人びとが大勢いらっしゃいます。また、茨城県内には福島県からの避難者も大勢おり、現在でも不自由な生活を強いられております。そうした被災地の一つである茨城の地で、全国大会を開催できる意義は大変大きなものであると言えます。
 ソーシャルワーカーとして人々の“いのち”とどう向き合っていくのか、共に見つめなおそうではありませんか。

                             公益社団法人日本医療社会福祉協会
                             会 長 佐原 まち子
                             大会長 福田 潤
                                (茨城県ソーシャルワーカー協会会長)
開催日:2014年5月22日(木)社員総会
     2014年5月23日(金)~24日()全国大会・学会

会 場:日立シビックセンター(〒317-0073 茨城県日立市幸町1-21-1)
     TEL:0294-24-7711 FAX:0294-24-7970
     ホームページ:http://www.civic.jp/index.html

主 催:公益社団法人日本医療社会福祉協会
     茨城県ソーシャルワーカー協会
     茨城大会ホームページ:http://ibaraki-sw.jp/2014zenkokutaikai
     Facebook掲載:2014茨城大会 茨城県ソーシャルワーカー協会全国大会

後 援:(予定)厚生労働省 茨城県 日立市 公益社団法人日本看護協会 公益社団法人日本医師会 社団法人日本社会福祉士会 社会福祉法人全国社会福祉協議会 公益社団法人日本理学療法士協会 一般社団法人日本作業療法士協会 特例社団法人日本精神科看護技術協会 公益社団法人日本精神保健福祉士協会 公益財団法人日本精神衛生会 社会福祉法人 NHK厚生文化事業団 特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会 一般社団法人全国公私病院連盟 一般社団法人日本病院会 一般社団法人日本社会福祉学会 公益社団法人日本てんかん協会 公益社団法人日本介護福祉士会 日本医療社会福祉学会 公益社団法人全国老人保健施設協会 一般社団法人全日本病院協会 一般社団法人日本言語聴覚士協会 全国地域包括・在宅介護支援センター協議会 公益社団法人認知症の人と家族の会 公益社団法人全国自治体病院協議会 一般社団法人日本難病・疾病団体協議会 チーム医療推進協議会 茨城県医師会 公益社団法人茨城県看護協会 一般社団法人茨城県社会福祉士会 茨城県精神保健福祉士会 社会福祉法人茨城県社会福祉協議会 日立市社会福祉協議会 一般社団法人介護支援専門員協会 公益社団法人茨城県理学療法士会 一般社団法人茨城県作業療法士会 茨城県言語聴覚士会 公益社団法人茨城県薬剤師会 公益社団法人茨城県栄養士会 茨城県介護福祉士会 茨城県訪問看護ステーション協議会 一般社団法人茨城県老人保健施設協会 茨城県難病団体連絡協議会 茨城県精神障害者支援事業者協会 社会福祉法人朝日新聞社厚生文化事業団 毎日新聞茨城社会事業団 茨城放送 茨城新聞 日立市観光物産協会 茨城県ホテル旅館生活衛生同業組合日立支部         (順不同)


5月22日(木)
時 間 内  容
14:30~ 社員総会受付
16:00~ 公益社団法人日本医療社会福祉協会 社員総会・永年表彰
総会終了次第
〜19:00 認定事業部企画
テーマ:認定医療社会福祉士制度について(60分)
講 師:認定事業部


5月23日(金)
時 間 内  容
8:30~ 大会受付
9:30~10:15 開会式
11:00~13:00 都道府県会長会議
10:30〜12:00 基調講演
       テーマ:命とのあたたかい触れ合い方〜東日本大震災の遺体安置所から考える〜
       講 師:石井 光太氏(映画『遺体 明日への十日間』原作者)
12:00~13:00 昼食
      (弁当引き換え11:00〜13:00)
13:00~15:00 茨城県ソーシャルワーカー協会企画 シンポジウム
       テーマ:もう一度見つめようソーシャルワーカーの存在
       ~生命・生活・人生への取り組みから~
       座 長:鶴田 光子氏
      (鎌倉リハビリテーション聖テレジア病院 福祉医療相談室スーパーバイザー)
       シンポジスト:
       松隈 愛子 氏(聖マリアンナ医科大学病院):生命(がん)
        植竹 日奈 氏(国立病院機構まつもと医療センター中信松本病院):生命(難病)
        谷内 智男 氏(荻窪病院)生活:(HIV)
        岩澤 元太郎氏(あきる台病院)人生:(院内結婚式)
        福田 潤  氏(八郷整形外科内科病院)生活・人生:(医療療養型期から在宅へ)
13:00~15:15 日本医療社会福祉協会 社会活動部企画 災害シンポジウム
       テーマ:災害における医療ソーシャルワークの課題
       〜ソーシャルワークの可能性を検証する〜
       座 長:笹岡 眞弓氏(文京学院大学)
       登壇者:山館 幸雄氏(盛岡観山荘病院)
           庄司 克哉氏(国立病院機構宮城病院)
           鈴木 幸一氏(福島労災病院)
           園田 愛 氏(石巻医療圏健康・生活復興協議会)
15:30~17:00 記念講演
       講 師:猪飼 周平氏(一橋大学大学院社会学研究科教授)
17:00~ 交流会受付
18:00〜20:00 交流会受付:ホテルテラスザスクエア日立

■以下の三点は5月23日(木)~24日(土)の終日ギャラリーにてパネル展示を行います。
・ 東日本大震災茨城写真展
・ 茨城県ソーシャルワーカー協会災害対策委員会三年間の総括


5月24日(土)
時 間 内  容
8:30~ 大会受付
9:30~10:30 教育講演
      テーマ:「平成26年度診療報酬の改定のポイントと医療ソーシャルワーカーへの期待」
     (仮称)
      講 師:厚生労働省保健局医療課長 宇都宮 啓氏
9:30~11:00 日本医療社会福祉協会 調査研究部企画
      ソーシャルワーカーデータシステム担当チーム
      テーマ:データシステムの今後の展望~エビデンスデータの作成を目指して~
      講 師:調査研究部 データシステム担当チーム
9:30~11:00 ◎茨城県ソーシャルワーカー協会企画
      新人ワークショップ(概ね三年未満)
      テーマ:悩み、課題解決に向けて
      グループワーク方式
10:00〜11:00 日本医療社会福祉協会ISTT企画
      進 行:福山 和女 氏(ルーテル学院大学)
      小原 眞知子氏 国際事業担当代表(東海大学)
      柳田 千尋 氏ISTT研究会代表
     (地域医療機能推進機構東京山手メディカルセンター(仮称))
      ISTT研究会
11:15~12:45 ◎日本医療社会福祉協会 社会活動部 生活保護
      テーマ:生活保護政策と医療ソーシャルワーク
          ~全国の現状を共有し、現場から課題を発信しよう!~
      進 行:中本 雅彦氏 (介護老人保健施設 リゾートヒルやわらぎ)
          水溜 丹都子氏(神戸日赤病院)
11:15~12:45 茨城県ソーシャルワーカー協会企画
       茨城県ソーシャルワーカー協会 30周年記念講演
       テーマ:ソーシャルワーカーの研修活動と専門職団体の役割
          ~学校・地域・職域連携による生涯研修~
         「茨城県協会結成までの自主研修とソーシャル・アクショ実践を中心に」山手 茂氏
         「茨城県協会結成準備期から今日までの研修活動を中心に」長竹 教夫氏
       講 師:山手 茂 氏 (茨城大学名誉教授)
           長竹 教夫氏
          (国際医療福祉大学 医療福祉学部 医療福祉・マネジメント学科准教授)
11:15~12:45
       日本医療社会福祉協会 倫理綱領担当チーム企画(12:15終了予定)
       テーマ:「ソーシャルワーク定義の見直しに向けて:その経過と現況」
       座 長:田村 里子 氏(東札幌病院)
       登壇者:小原 眞知子氏 国際事業担当代表(東海大学)
       大川原 順子氏(元 太田綜合病院附属太田熱海病院)
11:15~12:45 都道府県研修担当者会議
12:00~13:00 昼食
       (弁当引き換え11:00〜13:00)
13:00~15:30 ◎分科会
       第1分科会「ソーシャルワーク実践Ⅰ」
       第2分科会「ソーシャルワーク実践、教育、業務分析・業務開発Ⅰ」
       第3分科会「業務分析・業務開発Ⅱ」
       第4分科会「業務分析・業務開発Ⅲ」
       第5分科会「ソーシャルワークリサーチ」
       第6分科会「災害ソーシャルワーク、その他」
15:45~16:30 閉会式
17:30~18:00 茨城県ソーシャルワーカー協会30周年記念式典・祝賀会 受付
18:00~20:30 茨城県ソーシャルワーカー協会30周年記念式典・祝賀会

■以下の三点は5月23日(木)~24日(土)の終日ギャラリーにてパネル展示を行います。
・ 東日本大震災茨城写真展
・ 茨城県ソーシャルワーカー協会災害対策委員会三年間の総括
・ (公社)日本医療社会福祉協会社会活動部企画 生活保護終了後 報告の展示

※ ◎印の企画につきましては事前申し込みが必要です。
※ 上記については当日変更になることがあります。


 

 


全国大会事務局

〒306-0433
茨城県猿島郡境町2190
茨城西南医療センター病院
医療ソーシャルワーカー飯島望(事務局長)

TEL 0280-87-6704



 *茨城県ソーシャルワーカー協会の
  ホームページはこちら↓